「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社HPT研究所 > これからの組織に重要なフォロワーシップ
cts_clm_201504_01

これからの組織に重要なフォロワーシップ

伊藤克彦(株式会社HPT研究所 代表取締役)
人材・組織・経営-専門家コラム

 一般的に組織は、組織を率いるリーダーとそのリーダーの下で活動するフォロワーから構成されているとされてきた。それにもかかわらずリーダーとしての在り方を論じたものは数知れずあるが、フォロワーシップについて述べたものはあまり見かけない。

 

 しかし、近年のKelley(1992)らの研究では、「ほとんどの組織においてその成功に対するリーダーの貢献度は20%に過ぎず、残りの80%はフォロワーが鍵を握っている」「組織では、リーダーよりフォロワーが多く、ほとんどの人がフォロワーとして働き、リードもする」ということが指摘されている。

 

 こうしたこともあって、近年関心を集めているのがフォロワーシップなのである(松田2018)。Kelleyによれば、フォロワーの語源は「手伝う、助ける、援助する、貢献する」に由来するという。つまりフォロワーは、人の力が必要なリーダーに手を貸す存在であり、リーダーとフォロワーは相互依存的、互換的関係といえる。因みに、リーダーの語源は、「忍ぶ、苦しむ、堪える」の意味があるという。なかなか興味深い。

 

hpt201911 最近、次世代型組織として注目を集めているフレデリック・ラルーが提唱しているティール組織においては上司部下の関係が存在しないという。すべてが個々の判断によって運営され、個が最大限尊重されるという。当然、そこには組織が何ために存在するのかという根本的価値の共有と組織としての共通の文化(行動様式)が必要になり、様々な専門的叡智を参考にした中での個々の判断ということになるようである。

 

 こうした組織の存在が注目されているのには、既存の組織形態が人を十分活かし、幸せにしているのかという疑問が背景にある。このような組織形態が一挙に広がりを見せるとは思えないが、その背景にある個々が自律し、ある秩序の中で主体的に行動することで組織を成立させていくという考え方に賛同する人は着実に増えているように感じられる。

 

 こうした動きの中で、最近のマネジメントの考え方では部下を主体的行動者として尊重しその自己実現を支援するサーバント型マネジメントのスタイルが改めて脚光を浴びている。そして、その手法論としてワンオンワンといった対話型のマネジメント手法が様々な企業で取り入れられている。

 

 こうしたトレンドは、従来型の上下関係を大きく変質させているように感じられる。そこでは、まさに上司の部下に対するフォロワーシップが重要になってきているように思われる。これからの組織においてフォロワーシップが重要になるというのはこうしたことからである。

 

 もちろん、リーダーシップは重要である。リーダーシップは組織目標へむけて集団を結集していく対人影響力であるという定義を私は支持しそれが重要であると認識している。しかし、ティール組織にみられるような新たな組織チャレンジにおいては、組織の構成員個々がリーダーでありフォロワーであることが求められる。その両方の役割を自律的かつ互換的に担うことで組織が機能する。

 

 そういう意味でこれからの組織では従来型のリーダーシップ論から脱皮した新たな考え方が必要になってきていると考えるのである。

 

 


 

hpt_katsuhiko.ito

 株式会社HPT研究所
 代表取締役 伊藤 克彦

 

 

 

1979年 株式会社リクルート入社、人材総合サービス部門で1000社を超える企業の採用、教育、人事処遇に関する業務に従事。その後、映像事業部門でプロデューサーとして教育映像コンテンツ制作他に携わる。

ダイエーの資本参加に伴って福岡ドーム事業に参加。主として法人営業部門を担当。リクルート復職後、広告局長、営業教育事業部門の責任者を経て、2002年独立しHPT研究所を設立、今日にいたる。

専門分野:組織変革、ビジョン・戦略構築、人事制度設計、教育制度設計、研修プログラム開発、マネジメント教育 他
広島大学教育学部(心理学科)卒

 


 

株式会社HPT研究所

経営の実行プロセスである「戦略」「業務」「人事」という3つの領域で、コンサルサービスを提供している。社名のHPTはHuman Performance Technologyの略。 人と組織の行動成果をいかに高め企業業績を向上させるかをテーマに様々な取組みを行っている。

■会社HP http://www.hpt-lab.com

 


 

バックナンバー(最近の記事)

 ◎組織文化とマネジメントスタイル(http://www.kensyu.com/info/archives/4904
 ◎社員のキャリアデザインにおける企業の役割(http://www.kensyu.com/info/archives/4890
 ◎人生100年時代のキャリア理論への期待(http://www.kensyu.com/info/archives/4871
 ◎若いうちの苦労が人を育てる時代は終わったのか(http://www.kensyu.com/info/archives/4853
 ◎カオスの創出が時代を切り開く(http://www.kensyu.com/info/archives/4842