「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社HPT研究所 > 若いうちの苦労が人を育てる時代は終わったのか
cts_clm_201504_01

若いうちの苦労が人を育てる時代は終わったのか

伊藤克彦(株式会社HPT研究所 代表取締役)
人材・組織・経営-専門家コラム

 「若いうちの苦労は買ってでもしろ」、私たちが若かりし頃(今から30年以上前のことであるが)よく聞かされた話である。確かに、今の年齢になって振り返ると20代、30代のハードワークから得たものは大きかったように思う。まさに日本のバブル崩壊前のいい時代でもあった。

 

 中国のハイテク企業の急伸成長には驚異をいだくことが多いが、そこでは「996」という働き方が常態化しているという。それは朝9時から夜9時まで週6日働くという状態をいうらしい。週72時間労働である。今、日本が進めている働き方改革においては、まさに違法労働ということになるのだろう。しかし、こうした状況が、高速のイノベーションを可能にし中国のハイテク産業を一躍トップレベルに押し上げた背景にあることには誰しも異論はないだろう。

 

 こうした996労働は、スタートアップを立ち上げる企業家には当たり前のことであり、それは中国に限らず欧米でもアジアでも同じであろう。中国が違うのは、BATといわれるその頂点に立つ企業がその習性を失っていないことである。

 

 その中国でも、ここにきて従業員からこの996労働に不満が表明されているという。時代なのか、最近経営者の方々とこの問題について話しすると「鉄は熱いうちに叩け」「20代の苦労がその後を決める」といった若手育成の考え方をどう改めたらいいのだろうという悩みが聞かれる。

 

hpt201907 これは必ずしも長時間労働を肯定する話ではない。しかし、20代はビジネスマンとしての基礎を固めるとともに様々な経験を積んで、自らの可能性を広げる時期である。こうした時期に労働時間の足かせは悩ましい問題といえるだろう。寝食忘れてという経験は、人の成長にとって重要な要素と考える人は多い。

 

 こうした中、アリババのジャック・マー会長は、「好きな仕事をみつければ996問題はなくなる。仕事に情熱をもてなければ1分1分が責め苦となる」と言っている。これも一つの考え方だろう。こうした考えを理論化したミハイ・チクセントミハイは、「時を忘れるくらい完全に集中して対象に入り込んでいる精神状態」をフロー体験と呼び、こうした状態を生み出すには以下の7つの条件が重要としている。

 

 

 1. 目標の明確さ(何をすべきか、どうやってすべきかを理解している)

 2. どれくらいうまくいっているかを知れる(すぐにフィードバックが得られる)

 3. 調整と能力のつり合いを保つこと(活動が易しすぎず、難しすぎない)

 4. 行為と意識の融合(自分はもっと大きな何かの一部であると感じる)

 5. 注意の散漫を避ける(活動に深く集中し探求する機会を持つ)

 6. 自己、時間、周囲の状況を忘れること(日頃の現実から離れたような、忘我を感じている)

 7. 自己目的的な経験としての創造性(活動に本質的な価値がある、だから活動が苦にならない)

 

 要は、限られた時間の中でこうした状況を生み出せる環境をどう用意し、密度濃く体験を深めてもらえるかということなのだろう。別の観点からいえば、一人ひとりが単なる組織の歯車ではなくチームの一員となって変化、貢献を生み出せる(自らの存在意義を実感、役に立っている、成長している)と感じ、会社の将来ビジョンを信じられるようにする(組織への共感と一体感)ことともいえるだろう。

 

 


 

hpt_katsuhiko.ito

 株式会社HPT研究所
 代表取締役 伊藤 克彦

 

 

 

1979年 株式会社リクルート入社、人材総合サービス部門で1000社を超える企業の採用、教育、人事処遇に関する業務に従事。その後、映像事業部門でプロデューサーとして教育映像コンテンツ制作他に携わる。

ダイエーの資本参加に伴って福岡ドーム事業に参加。主として法人営業部門を担当。リクルート復職後、広告局長、営業教育事業部門の責任者を経て、2002年独立しHPT研究所を設立、今日にいたる。

専門分野:組織変革、ビジョン・戦略構築、人事制度設計、教育制度設計、研修プログラム開発、マネジメント教育 他
広島大学教育学部(心理学科)卒

 


 

株式会社HPT研究所

経営の実行プロセスである「戦略」「業務」「人事」という3つの領域で、コンサルサービスを提供している。社名のHPTはHuman Performance Technologyの略。 人と組織の行動成果をいかに高め企業業績を向上させるかをテーマに様々な取組みを行っている。

■会社HP http://www.hpt-lab.com

 


 

バックナンバー(最近の記事)

 ◎カオスの創出が時代を切り開く(http://www.kensyu.com/info/archives/4842
 ◎令和の時代の重たいテーマ(http://www.kensyu.com/info/archives/4835
 ◎組織的コミットメントが改めて重要な時代に(http://www.kensyu.com/info/archives/4764
 ◎職場で一緒に仕事する意味(http://www.kensyu.com/info/archives/4745
 ◎シニア社員を活かすには(http://www.kensyu.com/info/archives/4678