「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社HPT研究所 > カオスの創出が時代を切り開く
cts_clm_201504_01

カオスの創出が時代を切り開く

伊藤克彦(株式会社HPT研究所 代表取締役)
人材・組織・経営-専門家コラム

 AI人材が世界的に不足している。日本もこの分野の人材育成に本格的に取り組もうとしているが、こうした人材を育成する教育の場を設けても教える先生がいないという洒落にならない深刻な状況がある。

 

 こうした中、人材獲得、離職対策のために高度付加価値人材に対して新卒入社の段階から処遇に差をつけるということに踏み切る企業が出始めている。6月3日の日経新聞でソニーがデジタル人材の初任給を最大2割増しの730万にという記事が出ていたのは記憶に新しい。ソニー以外にも、LINEでは高度人材の初年度年俸を約200万増額、ヤフーは18年に通常より年俸が5割高い高度人材の採用枠を新設、といった記事が話題を提供している。

 

 こうした動きは、人事担当者からすれば既存社員との間の不協和音を生む原因となるなど頭の痛い問題が多い。しかし、今、日本企業の人事施策は次なる時代へ向けてまさに閉塞状態にあるといってもいいと考えるのは私だけではあるまい。

 

 グローバルな人材獲得競争では、日本企業は欧米だけでなく中国や韓国企業にも後塵を拝しているし、ビジネスのデジタル化を推進できる人材の確保においてもそれは同じである。また、海外人材を日本に呼び込もうという動きに対してアセアン諸国をはじめとする国々では日本企業に対する人気が低迷しているという話もある。

 

hpt201907 これらは、これまで日本企業の強みであった人事施策、人事制度の時代の変化への対応の遅れによるところも大きいのではないだろうか。その意味でも、前述のソニーやLINE、ヤフーといった企業の取組みは歓迎すべきものと考えるべきだろう。こうしたある種既存秩序の破壊?行為は、新たなうねりを作り出すきっかけになるのではないかと期待している。

 

 組織心理学の理論に「不均衡の理論」というのがある。これは、組織の自己変革の契機をカオスの創出に求める考え方である。つまり、組織の自己革新が求められる時代には、組織の内部にあえて不均衡を創出し、既成の秩序を自己否定する視点を作り出すことが重要という考えである。

 

 まさに不均衡増幅のマネジメントが今、求められているとはいえないか。そして、これまで築き上げてきた価値観や成功体験、秩序をアンラーニング(いったん学んだことを捨て去ること)することに取り組む必要があるのではないか。そのために、組織をゆさぶり、変革へ向けての新たな動きを作り出す強力なリーダーシップが求められている。

 

 日本の人事制度においては、社員の格付け機能を担う等級制度によって給与を支払う根拠を提示していることが多い。それは職能のレベルであったり、担う役割であったりするのであるが、前述の高付加価値人材を処遇する仕組みが内在していない企業がほとんどであろう。その意味で、歴史のあるソニーのチャレンジは大いに注目したいのである。

 

 歴史的に組織的な「和」を尊重してきた日本企業において、こうした取組みは大きな組織的な亀裂を生み出すかもしれない。しかし、GAFAをはじめとするニューエコノミーといっていい企業はこうした人事施策をとっている企業が多い。創造的破壊という言葉があるが、今に日本企業に求められているのはまさにそれだろう。

 

 


 

hpt_katsuhiko.ito

 株式会社HPT研究所
 代表取締役 伊藤 克彦

 

 

 

1979年 株式会社リクルート入社、人材総合サービス部門で1000社を超える企業の採用、教育、人事処遇に関する業務に従事。その後、映像事業部門でプロデューサーとして教育映像コンテンツ制作他に携わる。

ダイエーの資本参加に伴って福岡ドーム事業に参加。主として法人営業部門を担当。リクルート復職後、広告局長、営業教育事業部門の責任者を経て、2002年独立しHPT研究所を設立、今日にいたる。

専門分野:組織変革、ビジョン・戦略構築、人事制度設計、教育制度設計、研修プログラム開発、マネジメント教育 他
広島大学教育学部(心理学科)卒

 


 

株式会社HPT研究所

経営の実行プロセスである「戦略」「業務」「人事」という3つの領域で、コンサルサービスを提供している。社名のHPTはHuman Performance Technologyの略。 人と組織の行動成果をいかに高め企業業績を向上させるかをテーマに様々な取組みを行っている。

■会社HP http://www.hpt-lab.com

 


 

バックナンバー(最近の記事)

 ◎令和の時代の重たいテーマ(http://www.kensyu.com/info/archives/4835
 ◎組織的コミットメントが改めて重要な時代に(http://www.kensyu.com/info/archives/4764
 ◎職場で一緒に仕事する意味(http://www.kensyu.com/info/archives/4745
 ◎シニア社員を活かすには(http://www.kensyu.com/info/archives/4678
 ◎これからの組織人事施策のヒントは新興のIT企業にあり(http://www.kensyu.com/info/archives/4636