「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社HPT研究所 > これからの組織人事施策のヒントは新興のIT企業にあり
cts_clm_201504_01

これからの組織人事施策のヒントは新興のIT企業にあり

伊藤克彦(株式会社HPT研究所 代表取締役)
人材・組織・経営-専門家コラム

 昨年はGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)に代表されるIT業界を代表する巨大企業の話題に事欠かない日々であったが、情報の独占、個人情報の扱い等の問題もあって批判が相次いだのは記憶に新しい。中でもフェイスブック社に対しては< メールマガジン続き.. >、特に欧米社会で厳しい論調が多かったように思える。しかし、こうした企業のサービスは今や私たちの生活に浸透しそれなくしては生活の利便性を享受できないまでになっているのも事実である。

 

 さて、こうした企業が創業されてからの歴史はアップル社を除けば20年前後で、ここまで驚異の成長を遂げている。近年、注目されるこうしたIT企業の成長のスピードには目を見張るものがある。その秘密を解き明かそうとする挑戦も多々形になり、書店に行けば一つのコーナーができているくらいである。それぞれ社風も異なり、経営者の個性も際立っているが、その組織人事戦略についてはあまりマスコミで紹介されていないように思える。

 

 しかし、グーグル社については、経営者や人事の責任者がその点について直接詳しく本に書いているのでお読みになった方も多いかもしれない。私が注目したのは、グーグル社では経営者の仕事として採用を最重視している点である。求める人材像を「スマート・クリエイティブ」という言葉で表現し、こうした人材を採用するためにありとあらゆる取組みを全世界で行っている。そして、採用に妥協せず貪欲に人材を求めている。

 

hpt201901 スマート・クリエイティブの定義は、「自らの専門分野に関する深い知識を持ち、それを知性、ビジネス感覚や様々なクリエイティブな資質と組みわせる人物」としているが、要するに、高い専門性を持ち、ユーザー視点を持って自ら考えて主体的に行動してビジネスにおけるプロトタイプをつくるコア人材ということのようである。こうした人材は、自由を貴び、多才で幅広い興味関心領域を持ち、のめり込んで仕事するという。

 

 グーグルのような新興企業は、M&Aによって新たなビジネスソースを抱き込み成長してきた面は否めないが、こうした優秀な人材を積極的に採用し活かしてきたという事実に目をそむけてはなるまい。こうした人材を引き留め、活躍の場を提供し続けることは並大抵のことではないからである。そういう意味で、こうした企業の人材活用ノウハウを学ぶことは今後の企業の在り方を考える上で大変重要なテーマだと思われる。

 

 グーグル社には10の事実という経営理念がある。

 ①ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる

 ②1つのことをとことん極めてうまくやるのが一番

 ③遅いより速い方がいい

 ④ウェブでも民主主義は機能する

 ⑤情報を探したくなるのはパソコンの前にいるときだけではない

 ⑥悪事を働かなくてもお金は稼げる

 ⑦世の中にはまだまだ情報があふれている

 ⑧情報のニーズはすべての国境を超える

 ⑨スーツがなくても真剣に仕事はできる

 ⑩「すばらしい」では足りない

 

といったことである。この中にグーグル社員に求められる行動指針が明確になっているように思える。こうした理念のもと、スマート・クリエイティブが活躍できる待遇や環境・場、マネジメントの仕組みを整備していることが急成長の秘訣といえるのではないか。

 

 世の中、大きな変わり目にきていることを実感されている方も多いことと思われる。全く別世界だと目を閉ざすのではなくグーグルのような新興企業の組織人事施策に学ぶことは、これからの企業、そして組織と人の在り方を考える上で貴重な示唆が得られるのではないかと考える。

 

 


 

hpt_katsuhiko.ito

 株式会社HPT研究所
 代表取締役 伊藤 克彦

 

 

 

1979年 株式会社リクルート入社、人材総合サービス部門で1000社を超える企業の採用、教育、人事処遇に関する業務に従事。その後、映像事業部門でプロデューサーとして教育映像コンテンツ制作他に携わる。

ダイエーの資本参加に伴って福岡ドーム事業に参加。主として法人営業部門を担当。リクルート復職後、広告局長、営業教育事業部門の責任者を経て、2002年独立しHPT研究所を設立、今日にいたる。

専門分野:組織変革、ビジョン・戦略構築、人事制度設計、教育制度設計、研修プログラム開発、マネジメント教育 他
広島大学教育学部(心理学科)卒

 


 

株式会社HPT研究所

経営の実行プロセスである「戦略」「業務」「人事」という3つの領域で、コンサルサービスを提供している。社名のHPTはHuman Performance Technologyの略。 人と組織の行動成果をいかに高め企業業績を向上させるかをテーマに様々な取組みを行っている。

■会社HP http://www.hpt-lab.com

 


 

 

バックナンバー(最近の記事)

 ◎法的側面からみたこれからの管理者像(http://www.kensyu.com/info/archives/4510
 ◎組織における永遠のテーマ「人」と「仕事」(http://www.kensyu.com/info/archives/4411
 ◎従業員体験(Employee Experience)が企業の魅力を決める時代に(http://www.kensyu.com/info/archives/4286
 ◎職場における上司の役割(http://www.kensyu.com/info/archives/4194
 ◎機能的固着と社会的比較が変化を妨げる(http://www.kensyu.com/info/archives/4177