「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
cts_clm_201504_01

職場における上司の役割

伊藤克彦(株式会社HPT研究所 代表取締役)
人材・組織・経営-専門家コラム

 最近のアメリカにおける研究で、労働者が仕事における様々な要件で何を重視しているかというものがあった。それによると、典型的な労働者は、< メールマガジン続き.. >以下の順で重視しているという結果であったという。

 

  1. 経営や上司に対してより強い信頼があること
  2. 様々な課題をこなせる仕事であること
  3. 高い能力が必要な仕事であること
  4. 仕事を終えるために十分な時間があること
  5. より報酬が高いこと

 

 功利主義的な印象が強いアメリカであるが、労働者が一番に重視しているのが経営や上司に対する信頼感であるのは意外であった。続く2番目、3番目は仕事における成長や自己実現欲求にこたえるものといえるかもしれない。まさに内発的動機の充足が仕事の選択においても重要ということだろう。4番目は仕事のストレスと関係が深い項目である。誰しも時間に追われて余裕のない中で仕事をするのは避けたいであろうから。

 

 特筆すべきは、報酬水準がこれらの項目の中で最も下位に位置づけされたことである。従業員は報酬以外のものをより重視していることは日本においても様々な研究結果で明らかになっているが、アメリカにおいてもそれは同じであることが新鮮であった。特に、経営や上司との強い信頼関係がトップにきていることは改めて職場における上司の役割を考えさせられる。

 

 職場における上司の役割についてのアメリカにおける研究では、管理職の質の違いによって職場の生産性が大きく異なり、特に優秀な部下の能力を引き出すことにおいてその差は顕著であることが指摘されている。つまり、職場の生産性を上げるためには管理者適性を適切に見極めたうえでの登用と能力開発が重要であり、優秀な上司は優秀な部下の能力を最大限引き出す可能性が高いということである。逆に言えば、優秀な人材は優秀な上司につけないと能力開発が十分に行えないともいえるだろう。

 

hpt201809 つまり、優秀な上司は、部下のモチベーション管理を巧みに行うとともに、指導や教育を熱心に行い部下の職務成果を向上させることに長けているということである。それが故に、優秀な素材をその下に配置するとその成長を大きく促進させるということであろう。特に、職務成果の向上においては後者が重要とされている。

 

 グーグル社の人事施策の先進性については様々紹介されているが、そこでは上司の役割としてまず「良いコーチであれ」ということが重視されているという。また部下のキャリア形成支援、コミュニケーションも同じである。

 

 

 

 こうした中、日本における上司の実態として、プレイング業務に追われマネジメント行動に十分な時間がさけず、部下とのコミュニケーションも十分とれない、部下育成において一貫性ある対応が取れていないことが指摘されている。社員の働き方改革が叫ばれている中、最も改革しなければならいのは上司の働き方ではないかと考える次第である。

 

 


 

hpt_katsuhiko.ito

 株式会社HPT研究所
 代表取締役 伊藤 克彦

 

 

 

1979年 株式会社リクルート入社、人材総合サービス部門で1000社を超える企業の採用、教育、人事処遇に関する業務に従事。その後、映像事業部門でプロデューサーとして教育映像コンテンツ制作他に携わる。

ダイエーの資本参加に伴って福岡ドーム事業に参加。主として法人営業部門を担当。リクルート復職後、広告局長、営業教育事業部門の責任者を経て、2002年独立しHPT研究所を設立、今日にいたる。

専門分野:組織変革、ビジョン・戦略構築、人事制度設計、教育制度設計、研修プログラム開発、マネジメント教育 他
広島大学教育学部(心理学科)卒

 


 

株式会社HPT研究所

経営の実行プロセスである「戦略」「業務」「人事」という3つの領域で、コンサルサービスを提供している。社名のHPTはHuman Performance Technologyの略。 人と組織の行動成果をいかに高め企業業績を向上させるかをテーマに様々な取組みを行っている。

■会社HP http://www.hpt-lab.com

 


 

 

バックナンバー(最近の記事)

 ◎機能的固着と社会的比較が変化を妨げる(http://www.kensyu.com/info/archives/4177
 ◎アサーティブコミュニケーション(http://www.kensyu.com/info/archives/4150
 ◎いまどきの就活生かたぎ(http://www.kensyu.com/info/archives/4089
 ◎要の慣習(http://www.kensyu.com/info/archives/4040
 ◎日系企業は管理職人材のグローバル人材競争に勝てるか(http://www.kensyu.com/info/archives/3981