「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社さとゆめ > 第3回:『 ふるさとの夢をかたちに。地方創生の現場から 』
regional revitalization

第3回:『 ふるさとの夢をかたちに。地方創生の現場から 』

嶋田俊平(株式会社さとゆめ 取締役 チーフコンサルタント)
人材・組織・経営-専門家コラム

 私はかれこれ20年近く、地方自治体から計画策定や商品開発・販路開拓等を依頼されて、地域活性化支援することを仕事にしていますが、ここ3、4年くらい、「自分たちの町のものを海外で売りたい」、「自分たちの村にも海外の方に来て欲しい」というような、< メールマガジン続き.. >「海外」に関するニーズが急速に高まっていることを感じます。中には、東京を飛び越えて、最初から海外で販路開拓をしていきたいという声もあります。

 

 そうしたニーズに対応して、我々さとゆめでも、タイに千葉県の産品を輸出・プロモーションしたり、長野県の自治体に台湾からの観光客を誘客するためのモニターツアーを行ったり、ロシアのデパートとお菓子の商談をしたりと、色々な国での仕事をしています。

 

 その中でも、皆さんが少し聞きなれない国のことを書きたいと思います。

 アゼルバイジャンという国です。ご存知ですか?

 

AZERBAIJAN_s アゼルバイジャンは、ソ連解体に伴い1991年に独立した、カスピ海西海岸に位置する国で、バクー油田を中心とした産油国であると同時に、世界遺産も多数有する等観光資源も多く、また、近年はアジアとヨーロッパを結ぶ長距離鉄道網の要衝としての存在感も高まり、「第二のドバイ」と呼ばれるなど、急速に経済成長しています。

 

 しかし、ヨーロッパ諸国や中国・韓国等の企業の進出や投資が活発に行われている一方で、日本とは人・モノ・お金のいずれの交流もあまり行われてきませんでした。そんな状況がここ数年で大きく変わりつつあります。

 

 

 

 元々親日国の土壌がある中で、2013年にバクーで開催されたUNESCOの会議で「和食」の世界無形遺産登録が決定したことを契機に日本への関心が急速に高まり、その後、2016年にバクー・小松空港間の貨物直行便の就航、2017年の旅客直行便の二国間航空協定の合意(最大週21往復)、アゼルバイジャン人の日本渡航ビザの条件緩和等、一気に交流が活発化しています。

 

 そのような状況の中、首都バクーで今年の10月27日~28日に「JAPAN EXPO in AZERBAIJAN」が開催され、我々さとゆめでも、パートナー企業とともに出展しました。

 

 上記のように日本への関心が高まっているとは聞いていましたが、実際に出展してみて、その日本熱は予想以上でした。100社70ブースが出展した会場には、2日間で1万人以上の百貨店やスーパー等のバイヤーや飲食関係者等が来場し、開場と同時に人・人・人。我々のブースの前から人が途切れることがないほど。

 

 我々のブースは、「JAPAN GOLD LABEL」と題して、日本全国からえりすぐりの商品、特に「お茶」と「お酒」をテーマに、狭山茶や世界最大規模・最高権威のワイン・コンペティションで最高賞を受賞した日本酒や、お茶やお酒に合いそうな菓子・つまみを持っていったのですが、殆どが売り切れました。また、来場したバイヤーさんとの、具体的な商談の話も幾つかスタートしました。

 

 我々は、東京やタイなどの催事にも何度も出展した経験がありますが、ここまでの反応の良さというのはなかなかないので、日本商品に対するニーズの高さに驚いた次第です。確かに、東京を飛び越えて、こうした海外に挑戦していくのもありかと思わされました。アゼルバイジャンでは、政府系のプロジェクトで、日本のアンテナショップが開設される予定もあり、我々としても、各地の商品の販路をつくるべく動いていく予定です。

 

 アゼルバイジャンに興味がある方には、12月11日に石川県地場産業振興センターでJETRO主催で「アゼルバイジャン・ビジネスセミナー」が行なわれますので、ぜひ参加してみてください。

 https://www.jetro.go.jp/events/kan/212cfd95baa46d12.html

 

 


 

shimada


 株式会社さとゆめ
 取締役 チーフコンサルタント 嶋田 俊平

京都大学大学院農学研究科修了。環境保全・地域振興の専門コンサルタント会社勤務を経て、2013年5月 株式会社さとゆめ 設立。コミュニティビジネスの計画策定から事業の立上げ、商品開発、販路開拓、店舗プロデュースまで、トコトン地域と伴走するコンサルタントとして、全国を飛び回る日々。
技術士(環境部門、森林部門)。

個人ブログ「日本再発見ノート」 http://shumpeishimada.hatenablog.com/

 


 

株式会社さとゆめ

「ふるさとの夢をかたちに」を合言葉として、持続可能な地域づくりのためのヒト・モノ・コト・バづくりをトータルコーディネートする伴走型コンサルティング会社。

■会社HP http://satoyume.com/

■フェイスブック https://www.facebook.com/LabSatoyume