「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
text2

研修施設の選び方

幕張・つくばセミナーハウス
研修活用・会場選定-資料・ツール

 《 STEP 1 》 研修施設・研修会場の特徴を確認     

自社の会議室・研修施設だけではなく、外部研修施設の特徴を把握する事で、社員研修のコストパフォーマンスを上げる事ができます。
外部施設には、ホテル・セミナーハウス・貸し会議室など、いくつかのタイプがあります。

 

◎ホテルを活用した研修(メリット・デメリット・おすすめ)

spt_sel_fig_001

 ここが
  施設数が多く、選択肢が多い。
  高級ホテルやリゾートなど、タイプが多い。
  研修以外の付加価値が強み。
  宿泊室・食事などグレードの高い環境を用意できる。
  懇親会など、会合を盛大に実施できる。

 ここが ×
                   × リラックス感が強い・観光利用者も多く、集中しづらい環境。
                   × 研修場所が宴会場になる場合、部屋の雰囲気や照明・照度が
                        研修に適さない。

                   幹部会議・研修、年齢層の高い研修、懇親目的の宿泊研修
                   … などにオススメ

 

 

◎セミナーハウスを活用した研修(メリット・デメリット・おすすめ)

spt_sel_fig_002

ここが
 宿泊・食事・研修会場の全てを、ひとつの建物内で完結できる。
 研修専用の施設であるため、研修に必要な環境が整っている。
 スタッフが研修に関する知識を備えており、提案段階~実施当日
  までの対応に安心感がある。
 集中して研修・会議を実施できる環境がある。

ここが ×
× 規制が多い施設もあり、研修のカリキュラムを施設のルールに
   合わせざるを得ないケースがある。

                   新入社員~管理職の宿泊研修、複数会場を利用した研修、
                   深夜帯に及ぶ研修、長期滞在を伴う研修

                   … などにオススメ

 

 

◎貸し会議室を活用した研修(メリット・デメリット・おすすめ)

spt_sel_fig_003

 ここが
  主に都心部に多く、利用人数・グレードに応じた選択肢が広い。
  駅からのアクセスが良く、外部から参加者を募るセミナー、宿泊を
   伴わない研修・プロジェクト会議等に向いている。

 ここが ×
 × 食事は会議室内でのケータリング弁当による対応が多く、
   気分転換しづらい。
                   × 近隣ホテルとのセットで宿泊研修も可能だが、参加者の管理が
                     難しく、手間が多く掛かるケースがある。
                   × 常駐のスタッフが不在または少数のケースが多く、急な対応に不安。

                   社外会議、通い研修、募集型セミナー、会社説明会
                   … などにオススメ

 

 《 STEP 2 》 研修施設・研修会場を探す        

研修施設を探す有力な手段は、インターネットです。

「セミナーハウス」「研修施設」というような研修施設をあらわすキーワードと、エリア(「幕張」「つくば」「関東」「東京近郊」など)を組合せて検索すると、多くの研修施設がヒットします。

各施設のウェブサイトをチェックし、コンタクトを取りながら、条件に合う研修施設をリストアップします。

 

 《 STEP 3 》 研修施設のチェック・日程確認      

リストアップした研修施設の中から、チェックポイントを決めて選定します。

アクセスや立地、研修室の広さや導線、食事・懇親会など、チェックすべき内容は多岐に渡ります。

多くの施設は事前に見学が可能です(施設見学のメリットはこちら)。
実際に施設を内覧し、アクセス・施設・設備のチェックや運営スタッフの対応などを確認します。

 《 STEP 4 》 研修施設を予約する           

研修施設を決定したら、早めに予約を入れます。

具体的な手続きは各施設によりますが、幕張・つくばセミナーハウスの場合は、こちら(ご利用までの流れ)
なります。

予約手続きが完了したら、事前準備を行います。

 《 STEP 5 》 準備~実施               

研修の準備段階で、研修施設のスタッフとの確認・打合せも発生しますので、対応の良い施設を選ぶ事が
重要です。

研修施設までのアクセスマップ、グループワークのメンバー表、宿泊室の部屋割表などを作成し、予め参加者や講師に配布します。

上記の各種資料など、幕張・つくばセミナーハウスでご利用頂くテンプレートをご用意しております。
こちら(各種資料のダウンロード)よりご利用下さい。

 《 その他 》 注意すべき事項について          

研修施設を選ぶ際は様々な事項を検討する必要があります。ここでは、簡単ではありますが、施設選択時に注意すべき事項をご説明致します。

日程は、研修の目的を十分に達成できるだけの、参加者が参加しやすい時期と期間を考慮し決定します。

研修会場も、自社の会議室や研修施設ではなく、外部施設を利用する場合には施設の選定を慎重に、かつ早期に検討する必要があります。

早い段階で検討・予約をしないと、適切な施設が使用できないこともあるためです。各社研修時期は重なり易い為、年単位で事前の予約が入ります。

初めて利用する施設の場合は事前に内覧を行い、思わぬ問題や支障が出ることが無いよう、施設のスタッフとも十分に打ち合わせをしておく必要があります。

日程や人数だけでは無く、参加者の役職や年齢層・研修の目的を施設へ伝えておくことも重要です。

なお研修施設の選定は、カリキュラム毎に異なる講師を次々と招いて行う研修であれば移動時間が少なくアクセスが良いことが大きなポイントとなり、期間を通して1人の講師に指導してもらう場合には会社から離れ、研修に適した閑静な環境にあるということが大きなポイントとなります。

ただし保養地を兼ねたホテルを選択する場合は、参加者がリラックスムードとなり、教育効果が上がらないこともあるため注意が必要です。

特に温泉地等の気分を高揚させる環境は、自由行動が許可されてもセルフコントロールのできる高い年齢層や社内ステータスのある管理職以上など、対象者に注意を払う必要があります。

なお研修の内容や目的・参加者によっては、あえて立地条件の悪いところや少々の不備のある施設を選ぶのも効果を高める一つの方法です。

その他、研修の内容や日程、講師や参加者の役職や年齢、宿泊研修か通い研修かといった点を考慮して、施設のチェックポイントに強弱をつけることが非常に大切です。