「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社HPT研究所 > 働き方改革の本質は昭和型価値観の変革である
cts_clm_201504_01

働き方改革の本質は昭和型価値観の変革である

伊藤克彦(株式会社HPT研究所 代表取締役)
人材・組織・経営-専門家コラム

 2月末から3月上旬にかけて宅配サービスの雄「ヤマト運輸」が宅配サービスを見直すという話題がマスコミを賑わせた。現場の人手不足でサービス維持が窮まり、組合からの提案を受けてのことだという。

 

 昨年12月の有効求人倍率は、全国が1.43、東京は2.05、バブル期を上回る状況というから宅配業だけでなく労働集約的な外食、サービス、流通業界等は悲鳴を上げているようである。パート、アルバイトの時給も< メールマガジン続き.. >じりじりと上がり人件費の面からも経営を圧迫しているという。そのつけが正社員の過重労働となっている面は否めない。

 

 一方、日本の労働生産性(就業者1人当たり名目付加価値)はどうかというと、OECD加盟国34か国中22位、先進主要国7か国では1994年から20年連続で最下位という状況という。トップのアイルランドが2015年で153,963ドル(1,622万円)、日本はというと74,315ドル(783万円)、半分にも満たない状況である。OECD平均が89,386ドル(848万円)であるから平均にも達していないことになる。この面だけ見ると国際競争の中でとても生き残っていくとは思えない。

 

 労働生産性は、かけた労働時間に対して成果がどれくらい上がっているかを判断する指標である。労働者数に対する付加価値(労働生産性)という観点と労働時間に対する付加価値(人的生産性)という2つの指標が用いられている。この観点から言えば、付加価値をいかに向上させるかと労働の中味をいかに効果的にし、時間を適正化するかが課題となる。現在議論されている働き方改革はともすると労働時間の適正化だけが議論となっているケースが多いが、付加価値の向上と労働の中味の効果性の問題も重要なのである。

 

business-man 付加価値向上の問題は組織全体で戦略的に取組むべきテーマであり、顧客や業界特性、ビジネスモデルの有り様といった構造的問題に大きく関係する。冒頭の宅配業界で言えば、再配達問題を解決するために宅配BOX設置やコンビニ受け取りなどに取り組むといったことなどがそれにあたろう。問題は、労働の中味の効果性と労働時間の適正化である。特に労働の中味の効果性の問題は、仕事の仕方(標準化)とツール活用、就労者の意欲・能力に依存する面が大きい。それだけに現場の管理監督者の役割が重要となる。

 

 長時間労働を美徳としてきた昭和型価値観を引きずっている人は多い。この価値観をどう変革するかが重要となる。すなわち、時間を最重要の資源として考え、可能な限り短い時間でそれぞれの仕事ができるように仕事の仕方を変革、部下を指導し、人的生産性向上=成長という認識を職場の共通価値観としていく。さらにワークライフバランスを大事にし、それぞれの価値観、家族環境などを尊重して助け合う職場風土を再構築するということである。また、マネジメントの役割は管理から部下の活躍を精神的、育成的に支援するといった面が重要になる。俺は課長だ、部長だといって指示命令すれば済む時代はとっくに終わっているのである。

 

 これらを推進するためには仕事以外の個々の身の置き場をいかに創出していくかが鍵となるように思われる。働き蜂の日本人にはつらく難しいテーマでもある。

 

 


 

hpt_katsuhiko.ito

 株式会社HPT研究所
 代表取締役 伊藤 克彦

 

 

 

1979年 株式会社リクルート入社、人材総合サービス部門で1000社を超える企業の採用、教育、人事処遇に関する業務に従事。その後、映像事業部門でプロデューサーとして教育映像コンテンツ制作他に携わる。

ダイエーの資本参加に伴って福岡ドーム事業に参加。主として法人営業部門を担当。リクルート復職後、広告局長、営業教育事業部門の責任者を経て、2002年独立しHPT研究所を設立、今日にいたる。

専門分野:組織変革、ビジョン・戦略構築、人事制度設計、教育制度設計、研修プログラム開発、マネジメント教育 他
広島大学教育学部(心理学科)卒

 


 

株式会社HPT研究所

経営の実行プロセスである「戦略」「業務」「人事」という3つの領域で、コンサルサービスを提供している。社名のHPTはHuman Performance Technologyの略。 人と組織の行動成果をいかに高め企業業績を向上させるかをテーマに様々な取組みを行っている。

■会社HP http://www.hpt-lab.com

 


 

 

バックナンバー(最近の記事)

 ◎組織人事領域における新たな動き(http://www.kensyu.com/info/archives/2979
 ◎働き方改革の本質(http://www.kensyu.com/info/archives/2896
 ◎理想的なチーム人数は?(http://www.kensyu.com/info/archives/2673
 ◎日本企業の強みと言われた「チーム力」は今(http://www.kensyu.com/info/archives/2615
 ◎後継者不足の時代(http://www.kensyu.com/info/archives/2527