「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社さとゆめ > 第14回:物語マーケティングで、地域と企業を活性化しよう。
20150423_2

第14回:物語マーケティングで、地域と企業を活性化しよう。

嶋田俊平(株式会社さとゆめ 取締役 チーフコンサルタント)
人材・組織・経営-専門家コラム

 前回(9月号)では、物語マーケティングを活用した事例として、宮崎県日之影町での取組みを紹介しました。今回は、福島県広野町の事例をご紹介します。

 

 東日本大震災後、約半年間に渡って町全域が緊急時避難準備区域に指定されていた広野町では、いまだに帰還した町民が半数程度にとどまっている状況です。また、風評被害から生産者が農業を断念したり、農家の後継者不足などにより、遊休農地・耕作放棄地も年々増加し続けていました。

 

 そういう状況の中、地域の方々が、オーガニックコットンを育てるプロジェクトをはじめています。食用ではなく、塩害にも強い綿を有機栽培で育て、収穫されるコットンを製品化・販売する取組みで、地域に活気と仕事を生み出すことを目的としています。

 

 私は、声を掛けてもらって、このプロジェクトで、特産品の開発や販路開拓等を担当しています。色々な商品を開発中ですが、第一弾として作成したのは、綿(わた)から糸を紡ぐための「スピンドル」と呼ばれる道具です。

 

 スピンドルは、軸と輪を組み合わせた道具で軸を回しながら綿の繊維を糸に縒りあげていきます。このスピンドルの軸には福島県内のオリーブの剪定枝を用い、スピンドルの輪は外縁部を内縁部より分厚い構造にして力強く回転し糸の撚りをかけやすくするなど、素材や形にこだわり、オリジナルのデザインを作り上げました。また、商品の箱の中には、オーガニックコットンの活動紹介を入れたパンフレットを同封し、活動への支援・参加を呼び掛けています。

%e5%9b%b31

【スピンドル】

 このスピンドルのアイデアが生まれたのも、物語マーケティングのワークショップの中でした。

 

 

 

 

 

 親に誘われ、何となくコットン栽培体験ツアーに参加した都会の女子高生が、コットンの種を家に持って帰り、ベランダの鉢に植えて育てる中で、福島のことや、オーガニックコットンのことに対する関心が高まっていき、大人になり、子どもができたときに、自分の子どもの着ぐるみや靴下を、広野町のコットンを手紡ぎしてつくる物語です。

 

 このスピンドルはまだ販売が開始されたばかりですが、ツアーに参加した方々がコットンの種とともに、スピンドルを買い求めくださり、オーガニックコットンの手紡ぎ、そして都会と広野町の交流の物語が、静かに始まっています。

 

 なお、このスピンドルを始めとする、ふくしまオーガニックコットンプロジェクトの商品を、東京・銀座の百貨店「プランタン銀座」の正面エントランス前で開催中の弊社主催マルシェ「SATOYUME GINZA marche」で、11月28日(月)から12月1日(木)まで、4日間の期間限定で販売しますので、関心を持たれた方は、ぜひお立ち寄りください。

 

< SATOYUME GINZA marche 開催概要 >

 

【開催日程】2016年11月23日(水)~12月6日(火)

 ※金・土は午前11時~午後9時、それ以外は午前11時~午後8時まで

 

【会場】プランタン銀座 本館 正面エントランス前

 https://www.printemps-ginza.co.jp/concierge/access.html

 ※アクセス
 JR山手線「有楽町」駅 中央口より徒歩4分
 東京メトロ有楽町線「銀座一丁目」駅 4番出口より徒歩2分
 東京メトロ丸ノ内線・銀座線・日比谷線「銀座」駅 C8出口より徒歩2分

 

【主催】株式会社さとゆめ

 

 


 

shimada


 株式会社さとゆめ
 取締役 チーフコンサルタント 嶋田 俊平

京都大学大学院農学研究科修了。環境保全・地域振興の専門コンサルタント会社勤務を経て、2013年5月 株式会社さとゆめ 設立。コミュニティビジネスの計画策定から事業の立上げ、商品開発、販路開拓、店舗プロデュースまで、トコトン地域と伴走するコンサルタントとして、全国を飛び回る日々。
技術士(環境部門、森林部門)。

個人ブログ「日本再発見ノート」 http://shumpeishimada.hatenablog.com/

 


 

株式会社さとゆめ

「ふるさとの夢をかたちに」を合言葉として、持続可能な地域づくりのためのヒト・モノ・コト・バづくりをトータルコーディネートする伴走型コンサルティング会社。全国の隠れた逸品、頑張っている生産者を応援するためのアンテナショップ「さとゆめLAB SHOP」(永田町)も運営。

■会社HP http://satoyume.com/

■さとゆめLAB SHOP https://www.facebook.com/LabSatoyume

 


 

 

バックナンバー : 物語マーケティングで、地域と企業を活性化しよう。

 ◎第13回 http://www.kensyu.com/info/archives/2472
 ◎第12回 http://www.kensyu.com/info/archives/2190
 ◎第11回 http://www.kensyu.com/info/archives/1972
 ◎第10回 http://www.kensyu.com/info/archives/1792
 ◎第09回 http://www.kensyu.com/info/archives/1686
 ◎第08回 http://www.kensyu.com/info/archives/1590
 ◎第07回 http://www.kensyu.com/info/archives/1520
 ◎第06回 http://www.kensyu.com/info/archives/1246
 ◎第05回 http://www.kensyu.com/info/archives/1163
 ◎第04回 http://www.kensyu.com/info/archives/985
 ◎第03回 http://www.kensyu.com/info/archives/706
 ◎第02回 http://www.kensyu.com/info/archives/483
 ◎第01回 http://www.kensyu.com/info/archives/69