「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
cts_clm_201504_01

新任マネジャーの躓き

伊藤克彦(株式会社HPT研究所 代表取締役)
人材・組織・経営-専門家コラム

 新年度になって2ヶ月になろうとしている。この4月から新任のマネジャーとして着任されている方も多いことだろう。さて、近年、職場環境の変化によってマネジャーとして成果を出すことが難しくなってきていることが指摘されている。それは以下の4つの変化が原因だとされている。

 

 1)組織のフラット化が推進され、マネジャーとしての経験を段階的に積むことなくいきなり昇進する
   ケースや抜擢人事が増えている

 2)プレイヤーとしての業務を抱えながらマネジメント業務を担うケースがほとんどという職場が多い

 3)職場に多様な雇用形態の人々や世代、性など多様な属性が混在して価値観の共有や

   人間関係構築などが行いにくい

 4)コンプライアンスの遵守などで業務や手続きが過剰に煩雑化してきている

 

 こうしたマネジャーを取り巻く仕事環境が大きく変化してきている中、マネジャーとしての役割転換がうまくいかず挫折を味わっている人が多いという。特に以下の7つの点で躓くケースが多いようである。

 

mg ①部下育成の重要性はわかっていても任せられない

 ②組織間や利害関係者との政治的駆け引きがうまくいかない

 ③部下より実務知識や経験がない中での責任と意思決定に重荷を感じる

 ④職場目標の具体化と部下との役割や仕事の分担がうまくできない

 ⑤年上の部下や契約社員、派遣社員等多様な人材をマネジメントしなけ
  ればならず、人間関係がうまくいかない

 ⑥プレイヤーとマネジメント業務のバランスがとれない

 ⑦精神的孤独感と戦いながらの前向きなマインド維持ができない

 

 上記の中でも新任マネジャーの場合は、プレイヤーとしての自分の成功体験に引きずられ、部下に任せられず自分で仕事を抱え込み、担当組織の目標を部下と分かち合うことなく孤軍奮闘、その結果部下も育たないという悪循環に陥るケースが多いとされている。皆さんの職場ではいかがであろうか?

 

 こうした状況に陥らないためにも、マネジャーになる前に、マネジャーになった後を想定しての心の準備をしっかり行わせることが重要といえよう。また、マネジャーになってからのフォローアップ、支援も欠かせない。キャリアチェンジ場面でのこうした教育の重要性は、昔から言われてきているが、職場環境が大きく変化し、マネジャーが成果を出すのが難しくなっている現在だからこそ改めて考えてみたいテーマといえよう。

 

 マネジャーになるということは、ある意味仕事人間としての生まれ変わりを行うというくらい大変なことであるとの認識が経営層に必要な時代になってきているのかもしれない。

 


 

hpt_katsuhiko.ito




 株式会社HPT研究所
 代表取締役 伊藤 克彦

1979年 株式会社リクルート入社、人材総合サービス部門で1000社を超える企業の採用、教育、人事処遇に関する業務に従事。その後、映像事業部門でプロデューサーとして教育映像コンテンツ制作他に携わる。

ダイエーの資本参加に伴って福岡ドーム事業に参加。主として法人営業部門を担当。リクルート復職後、広告局長、営業教育事業部門の責任者を経て、2002年独立しHPT研究所を設立、今日にいたる。

専門分野:組織変革、ビジョン・戦略構築、人事制度設計、教育制度設計、研修プログラム開発、マネジメント教育 他
広島大学教育学部(心理学科)卒

 


 

株式会社HPT研究所

経営の実行プロセスである「戦略」「業務」「人事」という3つの領域で、コンサルサービスを提供している。社名のHPTはHuman Performance Technologyの略。 人と組織の行動成果をいかに高め企業業績を向上させるかをテーマに様々な取組みを行っている。

■会社HP http://www.hpt-lab.com