「人と組織の成長を支援する」情報・サービスのご紹介
人材・組織・経営-専門家コラム
ホーム > 人材・組織・経営-専門家コラム > 株式会社さとゆめ > 第6回:物語マーケティングで、地域と企業を活性化しよう。
20150423_2

第6回:物語マーケティングで、地域と企業を活性化しよう。

嶋田俊平(株式会社さとゆめ 取締役 チーフコンサルタント)
人材・組織・経営-専門家コラム

 前号までに、物語マーケティングの定義やルールなどを紹介してきました。今号では、私が、物語マーケティングを、地域創生の現場で活用した事例を紹介したいと思います。

 

 今号で紹介するのは、長野県信濃町という地域での事例です。

 

 長野県信濃町は、黒姫高原スキー場やナウマンゾウの化石が発掘された野尻湖で有名な町で、かつては、スキーや団体旅行で沢山のスキー客、観光客が訪れ、ペンションも100軒以上が軒を連ね大変賑わっていた地域です。

 しかし、私が初めて仕事で訪れた2005年頃は、スキーブームがとっくに去り、観光客は右肩下がり、ペンションも廃業が相次いでいた時期でした。そうした中、スキーに替わる新しい観光業をつくれないかという相談を受けたのです。

 

 当時、信濃町では、森林を、健康づくりや癒しの場として使う「癒しの森事業」という事業に取り組んでいました。しかも、心身が疲れた方とともに森の中を歩き、カウンセリングや癒しのプログラムを行う専門のガイド「森林メディカルトレーナー」の育成・認定(町長認定)、一定水準以上の癒しのサービスを提供できる宿泊施設「癒しの森の宿」の認定(町長認定)など、人材育成や宿泊サービスのクオリティ向上などに町を挙げて取り組んでいました。

 

 これを、どうにか、地域に経済効果や雇用効果をもたらす事業へと発展させていけないかと考えました。一方で、癒しの森事業は、森林を健康づくりや癒しの場として使うという意味においては、従来からの「森林浴」や「森林散策」などと同じものとしてみなされるので、そこでお金をとれるのかというのが悩みどころでした。

 

 従来の森林浴や森林散策と言った類似コンテンツとの差別化、限られた予算をどう効果的に活かしていくかという選択と集中が必要ですので、おのずとマーケティングによるビジネスプラン策定を行うことになりました。町役場、農協、森林組合、宿泊業者、ガイドの方など10名程度に集まってもらい、計4回のワークショップを行い、ビジネスプランを考えていきました。

 

 結果としては、ターゲットを個人の観光客は二の次に、企業や健保組合に絞って、企業のメンタルヘルス対策、企業の社員研修の付加価値プログラムとして、売りだしていく戦略を立てました(図1参照)。

 

図1 癒しの森事業のビジネスモデル

図1

 このビジネスモデルを立案してから10年ほどが経ちますが、癒しの森事業は名だたる大企業も含めて企業40社と協定を締結して、毎年企業の社員だけでも何千人、プライベートも合わせると数万人の交流人口増に結び付けることができています。

 

 

 

 

図2 癒しの森事業の提携企業数と利用者数の推移

図2

 

 

 

 

 

 

 

 

 この事業モデルを考える際に活用したのが、物語マーケティングです。
 次号では具体的な内容をご紹介します。

 

 


 

shimada


 株式会社さとゆめ
 取締役 チーフコンサルタント 嶋田 俊平

京都大学大学院農学研究科修了。環境保全・地域振興の専門コンサルタント会社勤務を経て、2013年5月 株式会社さとゆめ 設立。コミュニティビジネスの計画策定から事業の立上げ、商品開発、販路開拓、店舗プロデュースまで、トコトン地域と伴走するコンサルタントとして、全国を飛び回る日々。
技術士(環境部門、森林部門)。

個人ブログ「日本再発見ノート」 http://shumpeishimada.hatenablog.com/

 


 

株式会社さとゆめ

「ふるさとの夢をかたちに」を合言葉として、持続可能な地域づくりのためのヒト・モノ・コト・バづくりをトータルコーディネートする伴走型コンサルティング会社。全国の隠れた逸品、頑張っている生産者を応援するためのアンテナショップ「さとゆめLAB SHOP」(永田町)も運営。

■会社HP http://satoyume.com/

■さとゆめLAB SHOP https://www.facebook.com/LabSatoyume

 


 

 

バックナンバー : 物語マーケティングで、地域と企業を活性化しよう。

 ◎第5回 http://www.kensyu.com/info/archives/1163
 ◎第4回 http://www.kensyu.com/info/archives/985
 ◎第3回 http://www.kensyu.com/info/archives/706
 ◎第2回 http://www.kensyu.com/info/archives/483
 ◎第1回 http://www.kensyu.com/info/archives/69